HOME > アウルのサービス > 床下調湿 かぐや炭

アウルのサービス一覧

床下調湿 かぐや炭 床下に敷くだけで効果を発揮
image
昨今の建築後方は気密性が高い反面、通気性の比較的よくない建物があります。
隣家との境界をブロック塀などで仕切ったり囲んだりして通気性を悪くしている住宅、それに加えて土地難のため、田・沼地跡、水はけの悪い土地などが宅地化され、湿気の多い場所に建築せざるを得ないケースが多くあります。
そのような環境の中、とくに湿気がこもり結露の起こりやすい床下は土台の劣化はもちろん、アレルギーなど人体に悪影響を及ぼすカビ・ダニ・の発生、不快害虫の発生などを招き、建物はもちろんのこと、そこで生活を営む家族にとっても安心できない環境となっています。

竹炭が調質材に最も適している理由

・木炭よりも孔の数が多く調質効果が優れています。
・木炭は易く、用意に入手出来るものも有りますが、何に使われていたか判らない廃材を利用して作られたただの炭では、効果的な調質材にはなり得ません。
・竹は木よりも生長が早いので資源の枯渇の心配はなく、またO2の供給源である森林資源の伐採を抑制するという観点においても、自然環境保護に役立ちます。
・他の調質材との違いメンテナンスが容易で、もちろん電気代などの経費がかかりません。

竹炭7つの効果

①炭のもつ細かい無数の孔が湿気を吸収し、また乾燥すると湿気を放出して快適な湿度を保ちます。
②湿気を好み乾燥を嫌うカビやダニなどの害虫の繁殖を防ぎます。
③マイナスイオン効果のより空気を浄化します。
④有害な電磁波を遮断します。
⑤ホルムアルデヒドなどシックハウス症候群の原因となる有害物質を吸着します。
⑥脱臭作用があります。
⑦夏は強烈な地温上昇から家全体を遮断し、冬は冷え込みを遮断して温度変化を和らげます。
アウルへのお問い合わせはこちら
アウルのサービス一覧
 (c) OWL Co.,Ltd. All Rights Reserved.